写真制作

画像のグリッチ試行錯誤2(PHOTOMOSHパラメータ調査)

画像のグリッチ試行錯誤記事を書いた時に試したPHOTOMOSH。MOSHボタンクリックで適当にイフェクトをつけてくれて便利なのですが、パラメータを改めて確認してみました。

画像のグリッチ試行錯誤(Webサービス、sed、audacity)

 

なぜかというと、MOSHボタンだと動くイフェクトを利用されることが多くて、あえて静止画にしたいんだけどと思うことが何度かあったからです。以下は27のイフェクトの結果です。画像クリックで多少大きくなります。

 

 

色々見てみたら、自分でちゃんと指定してみたくなり2枚の画像で試してみました。こちらも画像クリックで多少大きくなります。グリッチというよりも普通の「加工」になりましたが。うーん…

その1

 

その2

PHOTOMOSHパラメータの指定は以下

  • 画像1の場合
    • Edges
      • Amount 0.28
      • Passthru 0.7
    • Dot Matrix
      • count 68
      • size 0.416
      • blur 0.01
    • Vignette
      • Amount 1.1
  • 画像2の場合
    • Edges
      • Amount 0.03
      • Passthru 0.81
    • Posterize
      • levels 3.6
    • Scanlines
      • count 0.83
      • lines amount 0.39
      • noise amount 0

動きのあるイフェクトでGIFも作ってみました。

photomosh加工gif画像

ちなみに、MOSHボタンでやってみた上記2画像の静止画は以下。これはこれで悪くはないのですが思惑とは違うな(とはいえ、画像2の方は好きだけど)。

 

PHOTOMOSHのパラメータについて自分なりに覚書を書きました(自分なりなので適切な用語を使っていないかもしれませんが)。以下のボタンよりダウンロードできます。よろしければどうぞ。