レビュー

[番組]SOUL!とMr. SOUL!

1970年代にSOUL!という米国の音楽番組があったことを知ったのは10年くらい前のこと。当時は放送局のサイトで公開されていたと記憶しますが、今は課金プログラムになっていて、そんなに見たいのなら払えばいいのだけど、全編理解できないしと諦めては、たまに思い出すというのを繰り返しています。

そんなある日(といってもだいぶ前6月22日ですが)、QuestloveがYouTubeの番組で流してたのですよね。それで色々思い出して、覚書しておこうと思った次第。

Questloveの番組とは、YouTubeのThe Rootsチャンネルで配信されているもので、コロナ禍において日々DJ、過去の音楽番組、映画、ライブを配信しています。画面下部のマーキーテキストではNYCのフードハブへのドネーションも呼びかけている、というもの。

SOUL!が紹介されたのは、以下のQuestloveの番組。最初の1時間がSOUL!(ビル・ウィザーズのライブ)で、その後ジェームズ・ブラウンのライブと続きます。ちなみにBLACK MUSIC MONTHと銘打った週の番組で、この時はBLACK LIVES MATTERのデモに行く人向けの情報をテキストで流していました。
https://www.youtube.com/watch?v=jA5leuCFieE

ここで紹介されているのは、1971年12月29日放送分で、ゲストがビル・ウィザーズ、マッコイ・タイナー、詩人のメイ・ジャクソン。出だしのビルさん歌唱抜粋から詩の朗読が沁みます。続く、マッコイ・タイナーの演奏がドバーッとしていてかっこいいんですよ。で、同じ時代に放送されていた番組「Soul Train」とはだいぶ趣が異なり、構成が真面目すぎる印象でして(NHK教育テレビの「若い広場」的な)、こういう番組もあるのかとびっくりしました。

この時の番組の司会がEllis Haizlip(エリス・ヘイズリップ)。番組を放送していた局WNETにおいて黒人で最初のプロデューサーとのこと。彼についてはまた別なサイトで最近目にしたのですよね(以下のメガネかけてる人)。

記事自体は直接ヘイズリップ氏について書いてはいませんが、画像の説明を読むと「Mr. SOUL!」という映画が2018年に作られていた模様。これは知りませんでした。
https://tisch.nyu.edu/photo/events/film-screening-mr-soul-ellis-haizlip-and-the-birth-of-black-power-tv

映画のトレーラーは以下。オプラの前に、アーセニオの前に、Mr. SOUL!が居た的な紹介で、いやあ見たくなりますね。
https://www.youtube.com/watch?v=xpfLkuWdMeI

さて、話を番組SOUL!に戻して以下に紹介しておきます。
テレビ局のアーカイブだと10話くらいしか見られないみたいです。最初に紹介したQuestloveの番組で触れられているのは、Full Episodesに含まれてはいないのでまだ公開されていない模様。
https://www.thirteen.org/programs/soul/

番組の全エピソードは以下の通り。
https://www.thirteen.org/program-content/soul-about-the-series/

私が知ったのは、アシュフォード&シンプソンが出た時にバックバンドとして当時のソニー・ロリンズのバンドの人たちが出演していて、当時のバンドのギタリスト増尾好秋さんも出ていたというのを聞いて。これいいんですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=173jw4MVzAY

また、ルビー・ディーとオシー・デイビスが出てたのも見たような気が(出演しているのは間違い無いのですが)。この二人はスパイク・リーの「Do The Right Thing」に出ていて、当時はなぜこの二人のシーンがやけにフィーチャーされているのか判らなかったのですが、二人は夫婦でもあり、1980年代前半にはOssie and Rubyという番組もあったんですね。SOUL!ではドラマ仕立てのコール&レスポンスをやっていたような気がするのだけど、それを見た時に、スパイクリーの映画ではそれを再現したんだなと気づいたのでした(多分)。