WordPress

All-In-One WP Migrationでワードプレスサイトをお引越ししました

ざっくりまとめましたのサイトを移転して、URLも変更となりました。見た目は全く変わりませんが、新しいURLは https://zakkuri.info となります。移転理由や方法についてざっくりまとめます。

移転理由はスピード

6月以来、ウェブサイト制作の案件で忙しくしています。レンタルサーバーも変更したいとの相談もあり、最終的にエックスサーバーとミックスホストで迷ったものの、さほどアクセスが集中しないと思われたため、安定のエックスサーバーを選びました。個人的にエックスサーバーの管理画面の方が馴染めたのも理由です。

で、以前から契約しているサーバーとエックスサーバーに同じテストサイトを構築してみたら、エックスサーバーの方が断然速いのですよ。そんなこともあり、自分のサイトもお引越ししたくなったというわけです。

ただ当ブログのドメインが完全なる独自ドメインではなく、以前のサーバーで保有しているドメインを無料で利用していたため、サーバー移転後は変えざるを得ませんでした。まあ仕方ないですね。

ちなみに、先ほどGoogle PageSpeed Insightsで計測してみたところ、引越し後はモバイルのポイントが18ポイントもアップしました(75ポイント→93ポイント)。

移転方法はプラグインで簡単

今回の場合は、URLは変更するものの、中身をそのままコピーするだけなので、プラグインのAll-in-One WP Migrationで行いました。超簡単でした。手順はこんな感じ。

  • 移転先のサーバーにワードプレスをインストールして動作確認したら、All-in-One WP Migrationプラグインを追加し、有効化する
  • 元のサイトにも同じプラグインを追加し、有効化する
  • 元のサイトでAll-in-One WP Migraiton>エクスポートを実行(エクスポート先はファイル)
  • しばらくするとポップアップでダウンロード画面が表示されるので、ダウンロードする
  • 移転先のワードプレスのAll-in-One WP Migration>インポートを実行(上でダウンロードしたファイルをインポート)

スクリーンショット付きの詳細な手順は以下の記事にあります。
https://www.vektor-inc.co.jp/post/all-in-one-wp-migration/

 

※今回の場合、移転元と移転先のドメインが異なりましたが、エクスポート時にその検索&置換を行わなかったのですが、問題はないような気が… 気づいてないだけでしょうか(汗…