その他

世界にひとつだけのカレンダー「国立美術館オリジナルカレンダー2017」を注文してみた

国立美術館オリジナルカレンダー初めて注文してみました。

これは、国立美術館5館(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館)のコレクション140点の中から月ごとの作品を選択できるというものです。価格はカレンダーとしてはちょっと高めだし、送料もあるのですが、一度は選んでみたいという欲求には抗し難く(笑)。選んでみたのが上記の写真です。二週間で届くそうなのですが、届くのが待ち遠しいです。

国立美術館オリジナルカレンダーのサイト
https://www.comody.jp/nma/

カレンダーは3タイプあって、価格の高い順に、
・壁掛け12枚
・卓上12枚
・壁掛け6枚(2ヶ月ずつのカレンダー)
となっています。

作品は、5ジャンル(国内作家、海外作家、写真、工芸、ミュージアム)に分類されています。一番期待していた写真ジャンルにあるのは、京都の収蔵作品5作品のみなので、もう少しあったらよかったのにと少し残念でした。にしても、スティーグリッツやアジェといった作家の写真が印刷とはいえ、一ヶ月間眺められるのは嬉しいですね。

また、東近美のコレクション展で見て印象深かった絵画などもあり、つい選んでしまいました。2017年度版から追加されたと思われる『NEW』の記載がついているものが国内と海外で20作品+西洋美術館の写真15点なので、仮に毎年作るのであれば、関心分野を広げていかないと2年くらいで挫折しそうな気もします(笑)。毎年同じ図柄というのも、それはそれで面白いとは思いますが。

ちなみに、2016年版のときは4月始まりのカレンダーも作れたようなので、年明け後に同様の告知もあるかもしれません。