レビュー

[番組]A Questlove presentation: Celebrate Hip Hop Part 5 そしてWhosampled

いきなりタイトルからそれますが、whosampledというサイトありますよね。久しぶりに見たら超便利になっていて驚きました。文字どおり誰が何をサンプリングしたかがわかるサイトなんですが、PCだと左にサンプルした音源、右に元ネタ音源が表示されて、すぐに聴けるようになっているし、購入できるようになってるのですよ。で、右の元ネタに元ネタがある場合は下の方にRelated Songsとして表示され、他の人がカバーやサンプリングしている場合はそれらが表示されるんですよ。前もそんな感じだったと思いますが、ユーザーインターフェイスが随分使いやすくなってます。例えば、聴けると書きましたが、曲の頭からだけでなくサンプル部分に直に飛べるんですよ(超便利)。ちなみに状況提供者は音楽リスナー。アカウント作って情報提供すると何個提供したかなど表示されて、こういうのもいいですよね。

なぜに久しぶりに見たかと言えば、QuestloveのYouTubeの番組(またまたですが笑)で昔のヒップホップのドキュメンタリーを流していて、その中で、トータルの「No One Else」と同じバックトラックが流れていて今更ながら誰のなんだろうと思ったからなのですが。トータルがサンプリングしたのはブギーダウンプロダクションズの「South Bronx」、その元ネタはジェームズ・ブラウン、というように辿れて面白いです。BDPのは例えて言えば、ホーンをクラクション風にアレンジしてる感じなのですが、その元ネタが短い一音なんですよ。言われてみれば確かに同じだと思うのですが、よくわかったなと驚きました。まさにウルトライントロどん!ですよ。で、その一音からクラクション風にするのもさすが。1987年なんですよね。こんな風に知ると楽しいですよねー。

●TotalとBoogie Down Productionsの比較
https://www.whosampled.com/sample/2948/Total-Da-Brat-No-One-Else-Boogie-Down-Productions-South-Bronx/
●Boogie Down ProductionsとJames Brownの比較
https://www.whosampled.com/sample/11751/Boogie-Down-Productions-South-Bronx-James-Brown-Get-Up-Offa-That-Thing/

ちなみに、ヒップホップの番組ですが、画面の上下左右が本来の画面より小さくてかなりみにくいですが、いくつかのドキュメンタリーを集めたもので、最初の方がとっかかりやすい見やすいものでした。最後のが色々知らないことがわかってよかったですね。例えば、ヒップホップよりももっともっと前、頭髪をペタッとなでつけてスーツを着たコーラスグループがラップ風にささやいてるとか(3時間34分台)。これが頭から離れない…

歴史を辿るとルイアームストロングのスキャットやブラックパンサー党のチャントに行き着くという証言も。最初のグランドマスターはフラッシュじゃなくてフラワーズだという証言も初めて知ったこと。家ではソウルトレインをみて、家の外ではDJが来ると外に出て集まってたとかのくだりはブロックパーティーはこんな感じだったのかと思いました。「Founding Fathers : The Untold Story of Hip Hop」という2012年公開の映画のようです。クエストラブありがとう。番組は以下のリンク。
https://www.youtube.com/watch?v=ybOWl6Sfdsg

ちなみにWhosampledで触れたブギーダウンプロダクションズの「South Bronx」はブロックパーティーの様子を描いていたのですね。