日記

瀬戸市末広町を歩く

来る福招き猫まつりin瀬戸で訪れた愛知県瀬戸市。加悦雅乃さんの個展に行くため新世紀工芸館に向かっていた時でした。レトロな壁面広告が視界に飛び込んできて、えー何これ?と思ったら、そこには古い街並みが広がっていました。

展示鑑賞後、どうにも気になる通りを歩いてみました。思えば、2016年のあいちトリエンナーレで岡崎を歩いた時を彷彿とさせました。古すぎる建物、狭いアーケードなど昭和な光景はウチの近所にもあるのですが、瀬戸市は初めて見たせいか、強いオーラを発している(としか思えない)せいか、それともまた違う何かがあるのか(雨のせい?)、ぐっと掴まれました。最後に、サウサリートというお店でサイフォンで入れたコーヒーを。ここのオーディオが凄そうでして、臨場感のあるサウンドでした。

(以下、末広町で撮影した写真12枚スライド)

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

ところで、にっぽん招き猫100人展が開催されていた瀬戸蔵のショップにオカザえもん(岡崎市のゆるキャラ)が販売されていました。しかも招き猫バージョン。ということでついゲット(瀬戸市で作られているようです)。じわじわ来ますね。

 

来る福招き猫まつりin瀬戸については以下をどうぞ。

第23回来る福招き猫まつりin瀬戸に行きました