WordPress

SiteOrigin Widgets by CodeLightsをざっくり試してみました

インタラクティブテキストのプラグインを偶然目にする機会がありました。2015年のトレンドだったそうですが、前に見たときのインパクトを思い出してしまい、使ってみたくなりました。

2018年12月17日追記:
CodeLightsがWordPress5.0で未検証であり、ブロックエディタ編集画面でのダッシュアイコンが文字化け原因がCodeLightsプラグインのようなので、プラグインを停止しました。それに伴い、以下のコードは当サイトでは動きません。

SiteOrigin Widgets by CodeLights

CodeLightsはインタラクティブテキストの他にも、モーダルポップアップ、スタッツカウンター、インタラクティブバナーなどが使えるので、追い追い試します(インタラクティブバナーは使いたい気が)。

ちなみに、このプラグインだけでも投稿や固定ページに追加することができますが(ショートコードが挿入されます)、SiteOrigin Widgetsとしても使えるので、以下は、ページビルダーとウィジェッツで試してます。

追加したインタラクティブテキストの初期状態が以下。デフォルトから変更したのは2箇所。

  • テキストスタイルがh2だったのをpに
  • 各センテンスで違っているテキストの色を変更

[cl-itext dynamic_color=”#1e73be” tag=”p”]

 

 

 

他に思いつくものがなくて、まぐにゃむフォトの大憲章(まぐにゃカルタ)を当てはめてみました。文字の分量が違いすぎますね。長いので途中にbrタグを入れてみましたが無視されます。

[cl-itext texts=”まぐにゃむフォトは、 対価を支払う価値のある作品を発表します。
まぐにゃむフォトは、 自分の作品を完全にコントロールする権利を主張します。
まぐにゃむフォトは、 ネコの生活を尊重します。” dynamic_bold=”” font_size=”30px” dynamic_color=”#1e73be” tag=”p”]
思いつきで以下もやってみました。 出典:https://www.aozora.gr.jp/cards/000026/files/894_28272.html 詩、いいですね。今度、にゃん歌で試してみようと思います。
[cl-itext texts=”幾時代かがありまして 茶色い戦争ありました
幾時代かがありまして 冬は疾風吹きました
幾時代かがありまして 今夜此処での一と殷盛り
今夜此処での一と殷盛り” dynamic_bold=”” font_size=”30px” dynamic_color=”#1e73be” tag=”p”]